スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
【今年の】コラム第7回:12/31の戦利品:1933年度版「キング・コング」フィギュア【大トリ】



【キャンペーン】 フィギュア王95号特別付録 1933年度版「キング・コング」フィギュア

【対象商品】 フィギュア王95号(雑誌)

【種類】 1種

【おまけ名称】 キング・コング

【造型】 以前紹介した「セブンイレブン限定 映画「キングコング」海洋堂フィギュアコレクション」の特別バージョン。飲料ではなく、雑誌の限定。同じ原型師さん(松村しのぶ氏)が作ったものなので、出来が悪いわけがない。色は当時を意識した白黒。

【備考】
143.jpg

開封前の箱の裏面に原型師の松村しのぶ氏の紹介

【よもやま】 対象の雑誌に海洋堂の専務と企画部長の簡単なインタビューが掲載されている。これによると、やはり海洋堂は公正取引委員会の暴挙に怒っている様子。以下、雑誌からの一部引用。

専務:'05年は食玩からドリンクキャンペーンに軸足を移した感じの一年やったね
白井:食玩がキャラものばかりで冒険が出来なくなって、ノンキャラで新しいことが出来る可能性が残ってる最後の砦がドリンクだったんですが・・・

専務:公正取引委員会の頭の悪い官僚どもが、ブラインドだめとか言い出してるから、今後はドリンクもだめかもねぇ・・・

ああ、当人からこんなことをおっしゃられるとかなりきついっすね。

ただ、来年は既にいくつかのドリンクキャンペーンの展開が決まっているとも書いてあったので、少しは安心できそう。

今年は飲料おまけにとって実に大きな動きがある一年でした。また、ラインナップの数は半端じゃありませんでした。正直申し上げまして、全部紹介するのは至難の業でした。それだけ飲料メーカーも必死ということでしょう。
しかし、これが大きな糧となり、さらなる良質なおまけの誕生が大いに期待できるでしょう。委員会のいやがらせに負けずに、ドンドンがんばって欲しいです。

今年もたくさんのおまけを紹介してきました。来年も豊作に期待しましょう。

142.jpg

開封前

【関連するかもしれない記事】
12/5の戦利品:映画「キングコング」海洋堂フィギュアコレクション

【関連】
モノ・マガジン オンラインショップ WPP books
株式会社海洋堂
キングコング公式サイト
おまけ(Wikipedia)

【ちょっとひとこと】
さあ、まったり休むか

スポンサーサイト

テーマ:キング・コング - ジャンル:映画

2005/12/31 16:44 | おまけコラム | コメント(0) | pagetop↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。